男性

攻撃的なハチの退治はプロに頼んだ方が賢明

ハト

安全な場所を求める鳥

鳩は安全で雑然とした場所を好み、ベランダが汚く散らかっていると鳩にとっての住みやすい場所になります。基本的な対策としてはベランダを綺麗にすること、そしてもう一つ目の対策は鳩が苦手な匂いスプレーをまくことが大切です。そして、布団叩き用の棒やCDを吊り下げるなどすると良いです。

白蟻

金額の確認を

シロアリ駆除がシロアリを早期に発見することで費用が抑えられます。早期に見つけるには、近所で駆除を行っていないか、羽が落ちていないか、などが見極めるポイントです。大切な木造家屋を守るためにも、なるべく早く対策を行いましょう。

安全に駆除するために

作業員

時期と巣の大きさ

ハチは、時期と巣の大きさによっては、個人で退治することができます。具体的には、ハチが比較的おとなしい4月から6月までの間は、殺虫剤を巣に噴霧すれば、それだけで死滅させることができるのです。この時期の巣は、ほとんどの場合10センチ未満と小さめなので、殺虫剤の噴霧時間も10秒ほどで済みます。しかし逆に言えば、7月以降の退治は、専門業者に依頼する必要があるということです。この時期には、ハチは好戦的になりますし、巣は10センチ以上の大きさになります。近づくと多くのハチが一団となって刺しに来るので、退治には遠距離から高圧で多くの殺虫剤を噴霧できる、特殊な器具が必要となります。そして専門業者なら、その器具を使って素早く安全に退治することができるのです。

刺された場合の対処

4〜6月に退治をする場合でも、全く刺されないというわけではありません。ハチをむやみに刺激したり、肌を衣服で守っていなかったりする場合は、刺される可能性があるのです。刺された場合には、針が肌に残っていれば、それをピンセットなどで素早く抜きます。そして冷たい流水で肌を冷やしながら、強めにつまんで毒をしぼり出します。こうすることで、痛みや腫れが生じにくくなりますが、それでもこういった症状が出てきた場合には、抗ヒスタミン剤の含まれた軟膏を塗ります。稀に、吐き気やめまいといった強い症状が出てくることもあります。アレルギー体質の人は特にそのリスクが高いので、4〜6月の退治でも、専門業者に任せた方が安全と言えます。

ハチ

危険な巣はプロに任せよう

アシナガバチの巣はスズメバチの巣より小さくハチの数も少ないことから簡単に駆除できると考えがちです。しかし、アシナガバチの巣は高い場所に作られることが多いため駆除作業中の怪我の危険が高くなります。無理をしないで駆除業者に相談して任せてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加