一軒家

攻撃的なハチの退治はプロに頼んだ方が賢明

危険な巣はプロに任せよう

ハチ

作業は夜間がベスト

住宅地に見かけるアシナガバチは巣に近づかなければ襲ってくることはありません。アシナガバチの巣が作られるのは4月頃からで軒下や庭木、物置などに小さい巣を作ります。4月頃のアシナガバチの巣はおよそ数センチで巣の中には女王バチと幼虫しかいません。見つけたらハチ用の殺虫剤を噴射して数時間経過したら長い棒で叩き落とせば駆除は終了します。しかし、初夏頃になると巣の中には幼虫のほかに数十匹のハチがいます。昼間はエサを探しに出かけていた働きバチは夕方になると巣に戻ってくるので駆除するなら夜になってから行います。エアゾール式の殺虫剤も効果的ですが、近年ではムース状の泡がでる殺虫剤も販売されています。アシナガバチの巣に直接吹きかけて中にいるハチを弱らせて巣を駆除します。

危険が伴う

アシナガバチの巣を駆除するときは夜間に行うのがベストです。しかし、暗くなってからの駆除作業であることや巣が高い場所にある場合は脚立や梯子を使うことを考えると怪我をする危険が伴います。巣を襲われたアシナガバチは興奮して襲ってきますから恐怖心も起きてきます。刺されたり怪我をするリスクを考えると駆除業者に依頼したほうが安全と言えます。また、巣を取り除いたあとも仲間のハチが飛び回ることがあります。これは戻りバチと呼ばれているハチで自分たちの巣を探しているのです。業者はこのことを想定して戻りバチにワナを仕掛けて駆除します。刺される危険と怪我をするリスクを考えた場合は無理に個人で解決しようとせずに業者に相談してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加